ニュース

ニュース

2018/12/05

「ニッキン」2018年11月23日にて、年末調整サービスの推進について紹介いただきました

「ニッキン」2018年11月23日にて、年末調整サービスの推進について紹介いただきました。

——–

年末調整サービス推進

中小企業の負担軽減へ

エフアンドエム

 

【大阪】中小企業向けコンサルティングサービスを提供するエフアンドエムは、ウェブで年末調整が完結できるサービス「年末調整ステーション」の推進を強化している。導入企業の従業員は、スマートフォンなどを使って年末調整ができ、管理部門はパソコンで提出状況や不備の修正依頼が可能なため、生産性の向上を図ることができる。

導入企業は、クラウドで年末調整の情報を管理し、従業員はスマホやパソコンからマイページを開いて、データを確認する。内容に変更がない場合、「約5分で提出が完了できる」(オフィスステーション事業本部)。

また、税務や行政手続きの線本用語を平易な言葉で説明しており、作業が早まる。

本部の管理部門は、全従業員の年末調整に係る進捗、状況をデータで確認できるため、従来の紙ベースよりも作業時間の短縮を図られる。「従業員460人の場合、申告書の印刷、配布、チェックなど約100時間の削減につながる」(同)という。

利用料は、従業員が25人以下の場合、年1万円(税別)。25人以上の場合、1人当たり年400円(同)。

このページの先頭に戻る