ISO22000

食に対する安全・安心意識の高まり

  • 食品事業者に対するHACCPに基づく衛生管理の義務化
  • 東京オリンピック・パラリンピック開催、インバウンド増加による食の安全の確保
  • 対EU・米国等への輸出品目に対する衛生管理強化
  • 食品関連企業の事故や不祥事に対する消費者の安全志向の高まり
  • GFSI*加盟の企業が食品関連企業に対して食品安全に関する認証取得を要請

「GFSI」とは世界中のメーカー、フードサービス業、ならびに食品サプライチェーンに関わるサービス・プロバイダーから食品安全に取り組む組織。(イオン・コカコーラ・伊藤園・日本ハム・ハウス食品ほか)

ISO22000・・・食品安全マネジメントシステム

ISO22000マーク

ISO22000:食品安全マネジメントシステムは、最終顧客となる消費者に安全な食品を提供することを目的として、食品に関わる一次生産から消費に至るフードチェーン内で発生しうる食品安全を脅かすハザード(危害要因)を適切に管理するための仕組みを構築することを目的とした規格です。
規格の概要としては、ISO9001(品質マネジメントシステム)の考え方をベースとして、HACCPや一般衛生管理事項のPRP(前提条件プログラム)等の食品安全を管理するための要素が含まれています。
ISO22000は消費者へ安全な食品を提供することを目的とした食品安全マネジメントシステムに関する国際規格であり、HACCPの内容をすべて含み、さらに品質・環境管理の要素が含まれています。
食品へのリスクはどの過程でも起こりうる可能性があるため、対象となるのはフードチェーン(食料の一次生産から最終消費までの流れ)に関わる全ての組織となります(例:一次生産者・食品製造業者、輸送や保管業者、飲食店などのサービス業者など)。簡単に言うと、生産から食卓まで、食品に関するすべての過程において、食品危害を防ぐための仕組みを作りましょうというものです。

ISO22000の特徴

  1. 相互コミュニケーション
    内部コミュニケーション・外部コミュニケーション
  2. システムマネジメント
    仕組みで保証すること
  3. 前提条件プログラム
    安全衛生条件の維持
  4. HACCP
    7原則12手順により食の安全を確保

ISO22000の規格要求事項

1 適用範囲
2 引用規格
3 用語及び定義
4 組織の状況 4.1 組織及びその状況の理解
4.2 利害関係者のニーズ及び期待の理解
4.3 食品安全マネジメントシステムの適用範囲の決定
4.4 食品安全マネジメントシステム
5 リーダーシップ 5.1 リーダーシップ及びコミットメント
5.2 方針
5.3 組織の役割、責任及び権限
6 計画 6.1 リスク及び機会への取組み
6.2 食品安全マネジメントシステムの目標及びそれを達成するための計画策定
6.3 変更の計画
7 支援 7.1 資源
7.2 力量
7.3 認識
7.4 コミュニケーション
7.5 文書化した情報
8 運用 8.1 運用の計画及び管理
8.2 前提条件プログラム(PRPs)
8.3 トレーサビリティシステム
8.4 緊急事態への準備及び対応
8.5 ハザードの管理
8.6 PRPs 及びハザード管理プランを規定する情報の更新
8.7 モニタリング及び測定の管理
8.8 PRPs及びハザード管理プランに関する検証
8.9 製品及び工程の不適合の管理
9 パフォーマンス評価 9.1 モニタリング、測定、分析及び評価
9.2 内部監査
9.3 マネジメントレビュー
10 改善 10.1 不適合及び是正処置
10.2 継続的改善
10.3 食品安全マネジメントシステムの更新
附属書A(参考)
附属書B(参考)
参考文献
CODEXHACCP とこの規格との対比
この規格とISO 22000:2005 との対比

ISO22000認証取得までのスケジュール

ISO22000取得のメリット

ご質問・お問い合わせはお電話・メールでお気軽にご連絡下さい

TEL0120-964-709

お問い合わせフォーム