高齢者雇用安定法改正

平成25年4月から原則60歳で定年に達した社員のうち、希望者全員の65歳までの雇用確保を企業に義務付ける