ISO14001

ISO9001:2015/ISO14001:2015改訂版が発行されました

~2018年9月までに移行審査が完了していなければ認証を維持できません~

2015年9月、ISO9001:2008及び、ISO14001:2004は大きく改訂され、
ISO9001:2015、ISO14001:2015が発行されました。

2015年版は新しい構造、新しい品質マネジメントの原則、新しい概念を導入した、
大幅な改訂となります。
このため1987年の規格発行以来、最大の改訂になっています。

規格改訂の概要

統一化

品質マネジメントシステムという考え方をさらに広げ、環境や労働安全などすべてのマネジメントシステムを共通の仕組みにまとめていくという発想になっています。
規格の構成についても、すべての規格が共通化されます。
(現在の8章構成が10章構成に変わります)

汎用化

ISO9001 2000年版の際に、サービス業などでも利用できるように改訂されましたが、プロセスの妥当性確認、設計開発など、製造業以外ではイメージしにくい項目が多数あり、解釈等もバラバラになっている傾向がありました。
そこで改訂版では、サービス業など、どの業種でも利用しやすいようにすることを目指しています。
例えば、従来の規格に明記されていた設計開発の中の『レビュー』『検証』『妥当性確認』などの表現はなくなりました。
実際の活動においては、この点が大きな変化になります。今までの活動を活かしつつ、新しい内容にどう適合させていくのか、さまざまな工夫が必要とされます。

要求事項の文書構成が一律「4章~10章」に統一

規格改訂の変更内容

新たな要求事項

4 組織の状況

内部および外部の事情や顧客の要求事項、またプロセスを踏まえた上で適用範囲を決めます。

5 リーダーシップ

経営者の関与については従来のISOでも強調されていましたが、より経営者が強く関わることが要求されます。

6 計画

マネジメントシステム構築の要となる部分。
リスク・機会に対する取り組み、品質方針についてなど。

7 支援

「6.計画」を実施するために必要なことをまとめた章です。
「コミュニケーション」「必要な資源の提供」「自覚教育」「技能教育」「文書管理」などについて記載されています。
この章は、従来のISO9001「6.1」等に記載されている部分と似通っていますが、「実行」と「サポート体制」を明確に分け、運用しやすくなっています。

8 運用

「6.計画」の実行、リスク管理の実行、緊急事態対応の決定などを行うため項目が記載されている章です。特に、ISO9001では記載されていなかった「緊急事態」についての要求事項は、今後も増えていくと思われます。

9 パフォーマンス評価

「6.計画」が実行されているか、効果は出ているかどうかをレビューするための評価方法をまとめた章です。従来の「内部監査」「マネジメントレビュー」等です。

10 改善

「9.パフォーマンス評価」で、「6.計画」がきちんと実行されていない場合、実行されていたとしても、よりよい方法があるか考えるための改善について記載されている章です。

改訂版は、従来のISO9001、ISO14001と比較すると、すっきりと整理され、わかりやすくなりました。

規格改訂の要点

今回の改訂のポイントの一つとしてまず挙げられるのは、マネジメントシステム規格の共通的な構造を採用したことです。
今回の改訂では、複数のマネジメントシステム規格を同時利用する際の利便性を高めるため、ISO9001、ISO14001の両規格に共通の規格構造、要求事項、用語・定義がベースとして用いられています。

これによって、複数のマネジメントシステム(例えば、品質、環境、情報セキュリティ)を実施している組織がそれらをよりよく統合し、より効率的かつ効果的に実施できるようになることが期待されます。

このほか、改訂の主なポイントとしては、それぞれ次のような事項があります。

ISO9001改訂の要点解説

組織の戦略及び事業プロセスとの一体化

組織の戦略的な方向性を意識し、それに則した形で品質マネジメントシステムを確立し、実施するという視点が強化されています。また、品質マネジメントシステム要求事項を組織の事業プロセスに統合させ、事業と一体となった運用を行うことが求められています。

パフォーマンス重視

品質マネジメントシステムを通じてどのような結果を達成したいのかをこれまで以上に明確にして取り組む必要があります。また、計画に従って運用を確実に行うだけでなく、そのパフォーマンスにも着目することが求められます。

リスクに基づく考え方

リスクに基づく考え方の概念はこれまでもこの規格の根底にありましたが、改訂版では、この考え方が有効な品質マネジメントシステムを達成するために必須なものとして、より明示的になりました。
ただし、これはリスクマネジメントのための特定の方法又はプロセスを要求するものではありません。

文書化要求について

従来の品質マニュアル及び文書化された手順に関する明示的な要求はなくなりましたが、どのような文書がどの程度必要かということは、組織自らが置かれた状況に応じて決める必要があります。
組織には、プロセスの運用を支援するための文書化した手順を維持し、プロセスが計画どおりに実施されたと確信するための文書化した手順を保持することが求められます。

サービスへの配慮

これまでもサービスは製品という用語の概念に含まれていましたが、サービスという言葉をより明示的に用いるとともに、規格の中で用いられているその他の用語や要求事項の表記が製造業だけでなくサービス業にも適用しやすくなるように工夫されています。

ISO14001改訂の要点解説

戦略的な環境管理

組織の戦略的計画プロセスにおける環境管理の重要性が増していることから、環境マネジメントシステムの確立に当たっての、組織の状況の理解に関する新しい要求事項が取り入れられました。
特に、利害関係者のニーズ及び期待(規制上の要求事項を含む。)、組織に影響を与える又は組織からの影響を受ける地方・地域・グローバル規模の環境状態に関連する課題又は変化する周囲の状況に焦点が当てられています。

リーダーシップ

環境マネジメントシステムの成功を確実にするために、リーダーシップの役割をもつ人に対し、組織内の環境管理を促進することについての特定の責任を割り当てる条項が新たに追加されました。

環境保護

組織に対する期待として、組織の状況に応じて害及び劣化から環境を保護するための事前対応的な取組みへのコミットメントにまで拡大しました。
今回の改訂では、“環境の保護”は定義されていませんが、環境の保護が、汚染の予防、持続可能な資源の利用、気候変動の緩和及び気候変動への適応、生物多様性及び生態系の保護等を含み得るという注記が入っています。

環境パフォーマンス

継続的改善に関して、マネジメントシステムの改善から環境パフォーマンスの改善に重点が移っています。組織方針のコミットメントに従って、該当する場合には、組織は、自らが設定したレベルにまで、排出、排水及び廃棄を低減させることとなります。

ライフサイクル思考

調達された物品・サービスに関連する環境側面の管理に関する現在の要求事項に加えて、 組織は、自らが管理する及び影響を及ぼす範囲を、製品の使用及び使用後の処理又は廃棄に関連する環境影響にまで拡張する必要があります。
ただし、これはライフサイクル評価を行うことを要求するものではありません。

コミュニケーション

外部及び内部コミュニケーションの双方に、コミュニケーション戦略の策定が追加されました。これには、矛盾がなく一貫し、信頼のおける情報についてのコミュニケーションに関する要求事項、及び、組織の管理下で働く人々が環境マネジメントシステムの改善提案を行う仕組みを確立することに関する要求事項が含まれています。

ご質問・お問い合わせはお電話・メールでお気軽にご連絡下さい

TEL0120-964-709

お問い合わせフォーム