ISO22000

ISO22000認証取得のメリット

食品の安全性の高さを証明できる

食品へのリスクはどの過程でも起こりうる可能性があるため、対象となるのはフードチェーン(食料の一次生産から最終消費までの流れ)に関わる全ての組織となります。(例:一次生産者・食品製造業者、輸送や保管業者、飲食店などのサービス業者など)
食品の原材料を調達するところから消費者に届くまでの各工程で危険が混入するリスクを分析し、必要な対策を取ることで食品の安全性を確保します。
またHACCPの仕組みを取り入れているため、それぞれの工程におけるリスクと対処法が明確化され、問題発生時にも素早い対応が可能となります。
これらの仕組みにより問題のある食品が消費者に届けられるのを防ぎ、安定的に安全な製品を供給できます。

消費者や取引先からの信頼性が高まり、ブランド力が向上

近年の異物混入や食中毒事件の発生により消費者に食品に対する不安が生じ、安全性に対する意識・要求が高くなっています。
ISO22000認証の取得は食品への危害を防止するシステムが構築されていることを意味しており、貴社への信頼とブランド力を高めるとともに、認証を取得していない他社に対しての明確な優位性が生まれます。

危機管理コミュニケーションが円滑化し、リスクが低減

ISO22000では危機管理に対するコミュニケーションを積極的に行うことが求められます。
社内のみにとどまらずフードチェーン全体で食品に対する問題を情報開示し、危害が加わる要因や対処、問題意識を共有します。
これにより自社だけでは防ぐことのできないリスクを低減でき、問題が発生した際にも迅速な情報の共有と対応が可能です。

食品安全に対する従業員の意識が向上し、組織体制が強化

企業は従業員に対して顧客の要求だけでなく、ISO22000の要求や法令・規制を順守することの重要さを周知します。
従業員の安全に対する意識がより高まるだけでなく、企業としての方針や理念が周知され、組織強化につながります。

海外企業への油出など、ビジネスチャンスが拡大

現在既に海外企業や国内の大手企業を中心にISO22000認証の取得を納入や調達の基準としているところがあり、今後は更に増加していくと思われます。認証を取得することで国内外を含めた取引の拡大につながり、ビジネスチャンスを掴めます。

ご質問・お問い合わせはお電話・メールでお気軽にご連絡下さい

TEL0120-964-709

お問い合わせフォーム